まさか、この人と結婚することになるなんて。

今、私たち夫婦は結婚3年目を迎え、幸せに暮らしていますが、今でもたまに「まさかこの人と一緒になるなんて、夢にも思わなかったなあ。」としみじみ思う瞬間があります。

主人との出会いはさかのぼる事25年前。もちろん二人とも子供の頃です。私の家族と主人の両親が同じ社宅に住んでいたんです。家族ぐるみで仲良くしていたらしいのですが、私たちは記憶はありません。

でも、その後間も無く、私の両親がマンションを買い引っ越すことに。そのまま、何年も合わない時期がありました。その間に、向こうの家族も、マンションを買い、引っ越したそうですが、どちらのマンションも同じ市内にありました。
再開は私が中学生の時です。母親と少し遠くのショッピングモールに買い物に行った時のこと、主人のお母さんとばったり会ったんです。

今ではお姑さんですが、その時は、このおばさん誰?って感じでした。母たちは再開が嬉しかったのか、その後また連絡を取り合うようになり、私も主人(当時、高校生)と、何度か顔を合わせました。

でも、お互い思春期だったので、会話を交わすことはほとんどなく…。しかも、主人は当時けっこうチャラチャラしてて愛想も悪かったので、私はあまりいいイメージがありませんでした。

主人いわく、彼も当時は私のことあまり好きではなかったとのこと。
主人が大学へ進学し、私も就職したりしてまたぱったり合わないまま、数年が過ぎました。その間にお互い恋人がいたりした時もありました。でも、私が23の時にまたまた再開したんです。

しかも、あのショッピングモールで。その頃にはお互い大人になっていたので、一応あいさつ程度に会話して…と思ったら、なぜか意気投合してしまい、付き合うことになり、翌年には結婚式をしていました。

友人にこの出会いを話すと「幼馴染と結婚なんて、タッチみたい!」と言われますが、私たちとしては、幼馴染ではないよね、と言いあっています。だってちゃんと知り合ったのは大人になってからだし。

でも、出会いはどうあれ、主人と出会えて、今は幸せです。