小学生から中学卒業まで片思いしていた彼

何年も前になりますが中学卒業まで一人の人を5年間ずっと貫いておりました。小学生の頃に遅刻して恥ずかしくて教室に入れずにいた事があったのですが、ドアの向こうからおいでおいでと優しくしてくれたのが彼でした。初恋でした。しかし彼は男女ともに人気者でした。なぜ人気なのかそこでわかったわけですが。もちろんライバルは多く、マドンナ的な女の子さえ彼が好きな状態でしたので私はひっそりと好きだとだけ思っていました。アプローチも何もせず、親友だけに彼が好きだと伝えておりました。高学年になれば彼はもちろん活発な女子と付き合い始めました。私は少し悲しく思いましたが接点がないのだし仕方がないと思い、ただ思い続けるだけでした。唯一の接点といえばまだ好きではなかった頃にやらかしてしまったことだけです。実は好きになる前に彼とお話をする機会があり、そこで貞子のものまねをしてしまっていたのです。恋をしてからは後悔しか残らなかったです。私はどう考えても変人ポジションに居る、と。だから恋の照れとその恥ずかしさから接点も作らずいたのですが、しかし中学に入ると変化がありました。彼は私よりの人になってきたのです。具体的にどういう人なのかといえば、いわゆるオタクです。すると学年全体がオタクな雰囲気になり、アニメや漫画が流行り、やっぱり彼は影響力が高いなと思いました。そして長らく同じクラスにはなれなかったのですが3年生でチャンスが巡ってきました。春になるとなんと同じクラスなだけでなく、隣の席でした。ですが舞い上がったのか緊張で固まってたのか、そんなチャンスも私はまた不意にしてしましました。上手く喋れずにいた所、なんと直々に変人扱いされてしまい、ああ終わったと思いました。しかし好きなものは好きだったので前と同じくただ想っていました。しかししばらくして私はこの恋を諦めることになります。理由はまさかの親友が彼と付き合い始めたからです。困惑しつつ、親友が付き合ってしまうと思っていなかったのでさすがにショックでした。でもどちらも私には大切な人なので一晩泣き明かして、彼を諦めて親友を応援することにしました。3ヶ月位経ったでしょうか。彼への思いもほとんど途絶えてきた頃になんと親友は彼と別れてしまってまた困惑しました。でももう彼が好きだという気持ちがあまりなかったので私の事を知ってて付き合った結果別れたという親友に少し呆れたくらいで済みました。どうせなら末永くお付き合いして欲しかったので。そうして私の初恋はぐずぐずしてる間にまさかの終わり方をしてしまったのですが今となっては笑って話せる話です。それからまた高校の時には好きな人はいなかったのですが、社会人になってからできた好きな人にはもちろん頑張ってアプローチしました。非常に奥手な私には電話するのも照れてしまい一苦労でした。しかしその結果現在1年ほどになる彼がいるので、消極的な私にはなんだかんだあの5年間は強い教訓になったのだなと思います。