純粋な私の恋心を簡単に傷つけないで

私は高校が女子校でした。それも進学校の女子校だったので、男子には無縁の3年間でした。

 そして大学はちょっとお洒落な共学の私立大学に入学しました。入学式の日、キャンパスにいるお洒落な学生達を見て
圧倒されたのを覚えています。

 それまで勉強勉強の毎日だったのに、サークル、新歓コンパ、ゼミ、バイト、「もう華の大学生活だ~」と軽く浮き足
だっていたのでした。

 そんな中、中学が同じだった女友達にテニスサークルの新歓コンパに誘われました。テニスなんて絶対に出来ないのに、
「サークルと言えばテニスサークル」というイメージしかないぐらいテニスサークルは定番というイメージを持っていたので、
ドキドキしながらも参加してみました。

 先輩方はみんな良い方ばかりでしたし、同じように参加している新入生みんなも緊張している感じはありましたが、
それでも「自分が一番浮いているような気がする…」と身が縮まるような思いでその場に座っていました。

 そして中盤にさしかかり、みんなもお酒が回ってきて盛り上がり始めた時に、ずっと隣りに座っていた4回生の先輩(男子)
が話しかけてくれたのです。

 そこからはその先輩と最後までたわいもない話しをし、最後に連絡先を聞かれました。

 人生初の経験だったのでその日はほとんど眠れませんでした。

 それからは毎日毎日その先輩からの連絡を待ち続けていました。あまりにも待ち構え過ぎて胸が苦しかったです。

 そして1週間した頃に連絡が来ました。「今度夜ご飯でも食べに行かない?」と。もう「口から心臓が出そうとはこういう状態を
言うんだな」と思いました。

 そして約束の日、大学の正門で待ち合わせをして街中にご飯を食べに行きました。そのお店は私が今までに行った事が無いような、
親とかが絶対に連れて来てはくれないであろうお洒落なお店でした。

 お酒を飲むお店で、食べ物を1品1品注文していく感じだったので、居酒屋みたいな感じなのかもしれませんが、そんな大衆的な
感じではなく、隠れ家的なお洒落な雰囲気で、いかにも大人のデート向きといったお店でした。

 それだけで私は頭まで舞い上がっていたと思います。そして別れ際に「又誘っていい?」「彼女になって欲しいな」とまで
言われたので、「ついに私にも春が来たのね」と思い込みました。でも誰だってそう思うと思います。

 でも、それから1週間、2週間経ってもいっこうに連絡は来ませんでした。
 又、胸の苦しさから訳も無く頻繁に涙が出たりもしました。

 そして思い切って自分から連絡してみたのです。「今度映画にでも行きませんか?」と。

 そうしたら「前に告白して振られたバイト先の女の子からやっぱり付き合いたいって言われて。ごめんね」と言われたのです。
「あっ、そうですか」と電話を切りましたが、純粋だった私は傷が癒えるのに1年もかかりました。