結婚一周年。ノロケ続ける結婚生活。

よく「結婚は墓場だ」とか、「結婚したらお金も時間も縛られる」とかマイナス面の意見をピックアップされがちですが、僕にとって結婚は幸せそのものでした。

先日、僕達夫婦は結婚一周年を迎えたので、結婚生活を振り返ってみます。

僕達は付き合って10ヶ月で結婚しました。比較的スピード婚です。当時、僕は28歳で、結婚するなら20代がいいなぁっということもあり、翌年の彼女の誕生日に籍を入れようと話してました。お互い相手としてはバッチリでしたので。

ところが実際は、彼女の誕生日前に妊娠が分かり一ヶ月早く授かり婚となりました。

そんな流れで結婚となりましたが、半年ほどは大忙しでした。二ヶ月後に結婚式、その六ヶ月後に出産というスケジュールでしたので。

よくイベント毎のときは喧嘩するといいますが、僕達はお互いこだわりもないのであまり喧嘩もありませんでした。基本は僕が提案して嫁が決めるというスタイルなので、意見がぶつからないのがいいのかもしれません。

子供が産まれてからも僕達夫婦はあまり変化はないような気がします。

嫁は専業主婦なので家事に徹してくれます。仕事から帰るとご飯を作って待っていてくれます。これ以上の幸せはないですね。専業主婦だからといって、僕が家事をしないわけではありません。水回りの掃除は僕の仕事ですし、休日は洗濯などは一緒にします。僕達の中では一緒にするというのが1番幸せなことです。

家事をちょっとは手伝っていますが、メインは嫁さんなんで、やはりストレスはたまるようです。だからウチは僕の休みの日には必ず外出します。外出は近くの公園を散歩でもいいんです。家事から離れて家族と遊べる時間を過ごすのが嫁にとって1番の時間らしいです。もちろん僕にとっても1番の時間なんで休みの日には進んで出かけてます。

一年間を振り返ってみるつもりだったんですが、ただのノロケのようになってしまいました。お互いが想いあっていれば結婚というのはすごく幸せなものだという事が身に染みて分かった一年間でした。これから毎年ノロケていきたいと思います。