恋愛スキルのなかった私が、最終的に結婚相手に選んだのは!

今から思えば高校生の頃の私って、若さの勢いで恋愛していたなあと思う。だって、ろくに喋ったこともくて、すれ違っただけの先輩を、「好きになったかも~」なんて友達に打ち明けたりして、ほぼ直感で生きていたなあ。まあ、周りの女の子も似たような感じで、だからといって百戦錬磨ではなく、恋に恋していただけだった。

 同級生の彼氏がいるにはいたんだけど、向こうも似たようなもので、お互いスキルも足らなければ、言葉も足りない。
「今度遊びに行こうよ」
 と行って欲しいのに、部活、部活で全然構ってくれなくて、私はかなり放置されていた。
「それはもう別れるべきだね」
 なんて他人事だからこそ、簡単にいう女友達とわいわいドーナツショップでおしゃべりして、
「ああもう私、結婚したい、結婚したらこんなことで悩まなくていいもん」
 なんて愚痴なのか願望なのかわからないことしゃべったりしていた。

 結婚相手=運命の相手だなんて公式は成り立たないと思うけど、(離婚や再婚もあるもんね!)、現実の同級生とはロマンチックなことも起こらないし、衝突ばかり。案の定、その彼とは卒業前に別れた。
 彼があまりにも構ってくれないことを理由にこちらから別れを告げたら、それでやっと、向こうは私がさみしがっていたことに気がついたみたい。反省してくれていたけれど、冷めた気持ちは戻らなかった。

 反動で、そのあとまめまめしい人と付き合ったんだけど、三ヶ月を過ぎる頃から束縛がひどくなって、亭主関白というより今でいうパワハラみたいになったんで、必死で別れた。
 焼きもちとか、最初のころはうれしいけど、結局は信用されてないってことなんだなあってやっと気付いた。
「ということは、あの頃、放置していたのは私を信用していたからなのかな?」
 今ではすっかり友達になった例の同級生の男の子に聞くと、
「それもあるけど、自分が多少会えなくても平気だったから、相手も平気だと思い込んでいたね」
 という答え。
 お互い大人になったなあとしみじみしていたら、
「だから付き合わない?」
 と言われた。
「へ?」
 彼にも彼女がいたはずなので、当然私は驚いたら、彼女とは別れたとのこと。
「いろいろあって、また元鞘にもどるっていうのも、いいんじゃないかな」
 そう言われたらそんな気もして、その三年後に結婚した。高校生のころからは、予想もつかない結末で。でも、間を知らない友人からは、
「えー? 丸々君と結婚したの? もしかして高校からずっと付き合っていたの?」
 と驚かれる。まあ、そう思うよね。
 でも、あの頃から付き合っていたら、結婚はしていなかった気がする。お互いよその人と付き合ったからこそ、元の相手の良さが分かったというか。
 巡り巡って最後に彼を選んだというところが大事なんだなあと思うのです。

もうすぐ結婚します!

私と彼は、もうすぐ結婚します!付き合って4年、そろそろ、結婚を視野に入れてもいい時期だなあと思い始めました。結婚は、出会ってからすぐに決めていたのですが、なかなか、事情があって、入籍が遅れてしまっていました。
私と彼は、出会って4年。4年間ずっと、変わらず仲良しです。今では、生活のリズムができあがっていますので、そのリズムをご紹介します。
まずは、朝、6時半に彼からの電話で起きます。彼は早起きなので、必ず朝早くおきて、電話をかけてきてくれます。それから、徒歩5分の距離にすんでいるので、自転車で彼はやってきます。あっという間に家につきます。朝の6時半に我が家で集合してから、一緒にテレビを見ます。一緒にテレビを見て、テレビ朝日が彼は好きなので、それを一緒に見ます。一緒にすごすのは9時半ぐらいまでです。9時半まで一緒にテレビを見たり朝ごはんを食べたりして、すごします。それから、9時半まで、ニュースを見て、ワイドショー的にあーだこーだいって、世間のニュースに対してお茶を濁します。お茶を濁したあと、9時半に彼は出発しますので、玄関までお見送りして、玄関先でほっぺにキスをお互いして、お見送り完了です。
その後、私は昼寝をします。昼寝をして、13時ごろまでごろごろします。13時ごろまでごろごろして、13時におきて、お昼ご飯を食べます。その後、3時ごろまで、内職を開始します。内職を開始して、ごたごたしていると、彼が帰って来ます。彼が帰ってきたら、お出迎えして、朝と同じように、コーヒー、紅茶を入れます。たまにはご飯を食べたがるので、ときどきはご飯の準備をします。
その後、彼は、相棒のネタバレをして、かえっていきます。相棒を彼は、全部見ているので、ストーリーを知っているのです。私は知らないので、4時からの再放送が楽しみなのです。それをネタバレするのが、彼の楽しみなのです。そこで、やめてとかきゃーきゃーいって、一日が終わります。

桜の魔法

3月最終日、その日は桜が満開で、とっても美しいしだれ桜の元、私の友人、B子ちゃんは念願の結婚式を挙げました。

お相手の彼、K君との出会いは10年前。
飲み会で出会ったK君にB子ちゃんは一目惚れ。
以来8年間、ひたすらK君を思い続けたのです。

そんなB子ちゃんの直向きさに、K君は遅まきながらやっと女性として意識し始め、ついにお付き合いを始めることとなりました。

そこからはもうトントン拍子、B子ちゃんとK君は結婚に向かってまっしぐら。
お互いの両親への挨拶を済ませ、顔合わせをし、毎週のように結婚式場を見て廻り、素敵な和風の料亭を見つけました。

100年以上も経つ、大きな大きなしだれ桜が春になると満開になるという料亭。

入籍、引っ越しを先に済ませ、結婚式の日取りを3月の終わりに決めました。

結婚式当日、とても暖かい、柔らかい日差しの差し込む日、B子ちゃんとK君は厳かな式を挙げました。
それはそれはB子ちゃんの10年間の想いの詰まった日、とても美しく温かい、愛にあふれた挙式でした。

披露宴会場に移ると、パッ!っと目に飛び込む淡いピンク!
そう、大きな大きなしだれ桜がそれは見事に満開なのです!
まるでB子ちゃんの想いが映し出されたかのように。

会場に足を踏み入れる人、みな順番に「わぁ~っ」とため息ともとれる感嘆の声をあげます。

そんな美しいしだれ桜を鑑賞しながらの披露宴は笑いあり、感動あり、涙ありの素敵な時間。

さて、私はというと…

桜の魔法でしょうか、それとも神様のいたずらでしょうか
数年前に1度だけお会いしたことのあったK君のお友達、T君に再会したのです。

1度しか会ったことは無かったけれど、私もT君も、なぜかお互いよく覚えていて、意気投合。
桜の下で一緒に写真を撮ったり、2次回でゲームのペアーになったりと、楽しい時間を過ごしました。

そしてその後、お互いの連絡先を交換し合い、連絡を取る関係を続け、2年後、同じしだれ桜の下で、めでたく結婚式を挙げることが出来ました。

B子ちゃん、K君、素敵なしだれ桜の魔法を、ありがとう。

高校時代の初恋について

今日は10年ぶりくらいにとある場所を通りました。そこは自分が高校生のときによく通った場所でした。淡いさわやかな記憶…かと思えば、そこはラブホテル街なのです(笑)高校生のころ、初めての大好きになった念願の彼女ができ、月二回くらいここのラブホテルに入っては、一日中イチャイチャしていました。その頃よくお邪魔した当時のホテルは、いまでは名前を変えて営業していました。あの頃に戻った気分になって、本当に懐かしい気持ちになりました。あの頃は楽しかったし辛かったし目まぐるしかったです。好きになりすぎて、同級生の男子と話しているだけでも嫉妬してしまったり、逆に嫉妬されてしまったり、となんだか甘酸っぱい思い出がいっぱいです。最近になって、あの頃の彼女のことをよく夢で見ます。彼女はとても好きだった人、今ではとてもいい思い出の昔の彼女なのですが、夢を見るってことは気になっていたりするのかもしれませんね。彼女がいたから、今の自分が出来上がり、その彼女がいなかったら、もっと素敵な人生だったとも思う。なぜならその彼女はモデルさんでそれ以上にカワイイなって思える人とはその別れた後からなかなか出会えなかったからです。そして、その彼女には浮気されてしまってという嫌な過去もありなかなかふっきるまでに時間がかかった人でした。人間は不思議ですよね、たった一人の人との出会いで人生が変わるのだから。でも懐かしかった。ラブホテル。またあのようないい思い出がホテルでできるのかな。