小学生から中学卒業まで片思いしていた彼

何年も前になりますが中学卒業まで一人の人を5年間ずっと貫いておりました。小学生の頃に遅刻して恥ずかしくて教室に入れずにいた事があったのですが、ドアの向こうからおいでおいでと優しくしてくれたのが彼でした。初恋でした。しかし彼は男女ともに人気者でした。なぜ人気なのかそこでわかったわけですが。もちろんライバルは多く、マドンナ的な女の子さえ彼が好きな状態でしたので私はひっそりと好きだとだけ思っていました。アプローチも何もせず、親友だけに彼が好きだと伝えておりました。高学年になれば彼はもちろん活発な女子と付き合い始めました。私は少し悲しく思いましたが接点がないのだし仕方がないと思い、ただ思い続けるだけでした。唯一の接点といえばまだ好きではなかった頃にやらかしてしまったことだけです。実は好きになる前に彼とお話をする機会があり、そこで貞子のものまねをしてしまっていたのです。恋をしてからは後悔しか残らなかったです。私はどう考えても変人ポジションに居る、と。だから恋の照れとその恥ずかしさから接点も作らずいたのですが、しかし中学に入ると変化がありました。彼は私よりの人になってきたのです。具体的にどういう人なのかといえば、いわゆるオタクです。すると学年全体がオタクな雰囲気になり、アニメや漫画が流行り、やっぱり彼は影響力が高いなと思いました。そして長らく同じクラスにはなれなかったのですが3年生でチャンスが巡ってきました。春になるとなんと同じクラスなだけでなく、隣の席でした。ですが舞い上がったのか緊張で固まってたのか、そんなチャンスも私はまた不意にしてしましました。上手く喋れずにいた所、なんと直々に変人扱いされてしまい、ああ終わったと思いました。しかし好きなものは好きだったので前と同じくただ想っていました。しかししばらくして私はこの恋を諦めることになります。理由はまさかの親友が彼と付き合い始めたからです。困惑しつつ、親友が付き合ってしまうと思っていなかったのでさすがにショックでした。でもどちらも私には大切な人なので一晩泣き明かして、彼を諦めて親友を応援することにしました。3ヶ月位経ったでしょうか。彼への思いもほとんど途絶えてきた頃になんと親友は彼と別れてしまってまた困惑しました。でももう彼が好きだという気持ちがあまりなかったので私の事を知ってて付き合った結果別れたという親友に少し呆れたくらいで済みました。どうせなら末永くお付き合いして欲しかったので。そうして私の初恋はぐずぐずしてる間にまさかの終わり方をしてしまったのですが今となっては笑って話せる話です。それからまた高校の時には好きな人はいなかったのですが、社会人になってからできた好きな人にはもちろん頑張ってアプローチしました。非常に奥手な私には電話するのも照れてしまい一苦労でした。しかしその結果現在1年ほどになる彼がいるので、消極的な私にはなんだかんだあの5年間は強い教訓になったのだなと思います。

地元の先輩とのドキドキさせてくれた不倫

私の浮気体験です。
きっかけは、友人の結婚式で出会ったことでした。相手は、地元の先輩だったので、私は昔から知っている人でした。その人は、昔からちょい悪軍団に入ってる人で目立つタイプだったので、憧れでした。
先輩は結婚していて、もう今すぐにでも生まれそう子供がいること、私もプロポーズをしてもらった結婚相手がいるたので、まさかそんな関係になるとは思っていませんでした。
急接近したのは、2次会でのこと。
みんな酔っ払い、先輩後輩の垣根がなくなり、気軽に話してました。
私も、その先輩に結婚式のアドバイスもらったりで、友達感覚で連絡先を交換しました。このときは、まぁその場限りで会うことなんでなぃんだろうなぁと思っていましたが。
2次会も終了し、他メンバーとタクシーに乗り合わせて帰ることになり、最後に乗っていたのが私とその彼でした。私は、泥酔で寝てしまっていたので、ここでは何かあったわけではなく、私のほうが先に家に着いたので降りました。
家に着いた瞬間。彼からの着信があり、何々?!とビックリしながら、電話に出てみると…「タクシーにカバン忘れてるよ。」との連絡。「あーっ!」酔っぱらっすっかり忘れてしまいました。後日、彼が渡しに来てくれることになりました。
ここから、私の浮気が始まったのです。
後日、カバンを持ってきてもらいました。カバンと一緒に、友人の結婚式で話に出ていた、彼が結婚式で使ったプロフィールムービーをDVDに焼いてきてくれました。私の結婚式で使うのに参考にしてよってことで。
当時私は、結婚式のために田舎の実家に帰ってきていました。田舎なので、ふらっと入れるカフェとかもないので、車の中で少し話しました。
この感じが、密会って感じでドキドキしましたね。
そこでは、彼が「2次会でかわいいなぁ~って思ったんだよね。今まで出会った中で一番かわいい。タクシーで、最後に乗り合わせた中で連れ去ってしまおうかと思ったよ。」なんて言われました。そんなこと言われたら、もうドキドキですよね。
でも、私は、次の日に結婚に向けての顔合わせがあったので、その場は少し車の中で話してさよならしました。
そして、次の日、顔合わせ中も昨日言われたことが気になって、彼のことが忘れられなくて、顔合わせが終わったら連絡をしました。「今日、夜飲みに行かない?」と私から誘いました。
実家に帰ってきてたので、このタイミングを逃すと会えなくなってしまうと思って。
その夜、田舎なので近くに飲み屋はなく、狭い土地なので周囲にバレないような場所がいいってことになりました。そうなると、場所は「ラブホテル」 しかないわけです。
最初は、他愛もない話をしていましたが、まぁラブホだからね。結局、深い関係になってしまいました。
そこからは、もう勢いが止められなくなってしまいました。
マリッジブルーにもなっていた私は、久々のドキドキ感がたまらなくて、彼にハマっていきました。
その後は勢い止まらず、東京と実家の田舎での遠距離浮気をしてました。
電話は、お互いの相手にバレるからしない。携帯のアドレス表示も名前を変えること。
メールだけのやりとりでも、会えないことがまた燃えさせました。
いけないこととわかっていても、もうこの気持ちは止めれれなくて、2回位、彼に会うために実家に帰りました。もちろん結婚相手には内緒で。
なかなか会えないことで、ドキドキが止まらず会ったときはお互いにものすごい盛り上がりました。こんな気持ちになるのは、いつぶりだろうって位。
でも、浮気関係を持った後は、罪悪感に苛まされました。
そんな関係がいつまでも続けられるわけでもなく、私も結婚することに向けて準備が忙しくなってきたので、自然消滅しました。
その後、連絡を取ることもなくなり、音沙汰なくなりましたが、今でも彼は今どうしてるだろうと気になります。
あのときの感覚は、一生忘れられないです。

彼女が旦那さんと別れて僕と結婚してくれると信じています

僕は今、夫がある女性と付き合っています。
彼女と知り合ったのは2年前で、工場勤務をしているときでした。
はじめて見たときから、彼女の事を可愛いなと思っていたし
同じ作業で仕事をしていたので、話す回数も多く
そのときの会話には既婚者だという事など微塵にも感じませんでした。

彼女も俺の好意を知ってか知らずか、あちらも打ち解けて話してくれる印象でしたし
僕達が付き合うまで時間はかかりませんでした。
けど僕が彼女に告白しても彼女は煮えきらず、はっきりした答えはもらえませんでした。
なぜだろうと思い悩む日々が続きました。
けど彼女は僕のことが嫌いになったわけではない、と何度も言うのです。

これには理由があるのだろうと、彼女に理由を問いただすと
彼女は自分が既婚者であることを明かしました。
僕ははじめのうちは「彼女に裏切られた、嘘をつかれたんだ」と怒りがわきました。
ですが彼女の話しを聞くと、どうやら別居中なようでした。

妙に納得がいきました。
彼女の1人暮らしをしているアパートの部屋に遊びに行っても、彼女の話しからも
男と結婚しているなんて感じさせないくらいでしたから。

なので僕は彼女の話す言葉を信じ、旦那とは絶対に別れるという約束で付き合うことにしました。
世間で言う不倫で、許されないことは理解していますが
それ以上に僕は彼女が好きだったし、彼女のことを信じたかったんです。
彼女は戸籍上では人の妻にあたりますがバレないようにするために、僕達のことは周りには秘密にしました。

最初のうちは彼女を手に入れられたことに喜びを感じましたが
やはり彼女と長く過ごすうちに、夫の影がちらつきました。
車でドライブしている最中にも夫から電話がかかってきたり
隣で会話された日には、あまりの嫉妬心から彼女に暴言を言ってしまう事もありました。
時には、旦那から呼び出された・・・とか、お正月だから旦那の実家に表面上は離婚してないのだから
挨拶に行かなければならないと、ありとあらゆる行事のたびに
彼女は夫と数日を過ごす事に耐えなければなりませんでした。

ですがそれを周りに打ち明けられない、光りの当たらない恋愛に
僕はとても疲れてしまったはずなのに、彼女の言葉を信じて2年が経ちました。
今彼女は僕と同棲していますが、時々旦那に呼ばれて旦那のもとへ行きます。

それでも僕は彼女が旦那さんと別れて、僕と結婚してくれると信じているんです。

学生時代の初恋、恋愛エピソード

僕の学生時代のはなしです。学生時代と言っても、かなり古い話ですので、今から25年ぐらい前の話になります。当時中学生で勉強はあまりせず、部活動も吹奏楽部に入っていましたが、比較的何事に対してもやる気のない生徒だったように思います。そんな僕を気にかけてくれる女の子が近くにいました。近くの子と言っても同じクラスメイトで同じA組の子でした。その子はとても明るくて、クラス一明るい子だったんですよ。彼女の周りはいつも笑顔であふれていました。僕はそんな彼女がどうして僕を気にかけているのか不思議でした。まあ、同じ吹奏楽部というのもあるんだろうなと、その時は思っていました。吹奏楽部も真剣にやっていなかった僕は部活もあんまり真面目には出ていなかったので、彼女にたびたび誘われて部活に行ったり、行かなかったりをしていました。ある日、授業が終わり、僕は今日も面倒くさいし、部活やらないで帰ろうかなーって思っていると、その彼女がやってきて、「部活に行こう。みんな待ってるよ」と言ってきました。僕は自分の事も嫌いで、そんな僕の事を待っている人はいないと思っていましたので、「そんなわけない。誰も俺なんかいなくても、気にしないよ。頑張ってね」となかば投げやりに言い返しました。すると彼女は顔をうつむいて「私は一緒に行きたいと思ってるから。一緒に頑張ろうよ」といつもと違う感じで話してきました。その声は泣いてるの?っていうぐらいのトーンでしたので、僕の方がびっくりしました。僕は「わかったから・・。行くよ・・。何?怒ってるの?」とその彼女の顔をのぞき見ました。彼女は顔をあげ「怒ってないよ・・・。ただ、一緒にいけるからうれしいんだ」と言って笑いました。僕はその時心臓がものすごい鼓動を打っているのに気づきました。やばい、彼女に惚れてしまったみたいだ。でもそれを表に出すのはとても恥ずかしいんで、彼女には悪態をついていたように思います。でもそこは勇気をもって、彼女の手を握り「一緒に行こう」と部室である音楽室へ二人で一緒に手をつないでいきました。

小学5年生で、最初で最後の大恋愛

私は、小4の頃大好きな人(N)がいました。クラスは違かったのですがもうアピールしました。 バレンタインにはチョコをあげ、何回告白したか分かりません笑 でも、その度「お前のこと恋愛感情持てない。友達止まりかな。」と振られてきました。 そして、小5の頃、陸上部に入らないかと、Nに誘われ、同じ空間にいれるならやろうと思って入りました。陸上部に入ったはいいものの、練習が辛くて辛くて仕方なかったのです。Nともそんなに話せず、入った意味がなく、途中でサボるようになりました。それから、6年になり、先生にも誘われまた陸上部を始めました。すると、去年とは違ったNがいました。違うというのは、陸上に関しても、私の接し方に関してもいい方向に向かっていました。私は、彼が頑張っていることがわかり、必死に練習し、サボったりするのもなくなりました。すると、Nに「頑張ってんじゃん、やればできるじゃん」などと褒められ、ますますやる気があがり、何個も大会に出ました。その度、彼が頑張っている姿も見れるし、お互いを褒め合うこともでき、時には一緒に帰ったりもでき、毎日毎日が本当に楽しくて幸せでした。そして、とうとう小学校を卒業する時期になり、とっても寂しい気持ちになりました。もう、一緒に陸上できないのかぁ、と悲しかったです。
すると、卒業から1週間後に「デートにいこっ!」とNに誘われ、陸上頑張ったご褒美だと自分で嬉しくなりました。もちろん、小学校を卒業したばかりですから、まだ子供でお金もなく自転車で2人の思い出の場所を巡るだけだったのですが、それがまた夢のようで‥。 そして、バイバイの時間が来てしまい、家まで送ってもらったら、1通の手紙をくれました。「返事はメールでな!じゃ、またな!」とだけ言い去ってしまいました。私はその手紙を開けてみました。そこには、「俺、お前が好き。付き合って。」と2行。私はそんなぶっきらぼうな言葉でもすっごく嬉しくて、即返事をしました。「ありがとう。うちも、好き。」と。
中学生になって、クラスは離れました。Nは陸上部、私はバレー部に入りました。お互い中々時間も取れず自然消滅のようなお別れでした。私は、授業中も彼のことが頭から離れず、部活中のランニングも彼のことを見て、昼休みも休み時間も彼の教室に行きました。しかし、彼は私から避けるようになりました。後から友人に聞いた話だと、好きな人ができてしまったとのことでした。私はショックを受け、そんな簡単なものだったんだと信じれなくなりました。でも、もう大嫌いって何度も思っても、思い出すのは彼と陸上を頑張った日々のこと。周りから見たらカップルじゃないのにカップルのような感じで羨ましがられました。夢の中にいた1年で、そう簡単には忘れられません。それから、彼とは何事もなく、連絡も取っていないのですが、今でも続けている陸上の活躍を見ることが今の私の楽しみです。新聞に名前が載ってるだけで嬉しいし、地元に帰ってきているという話を聞くだけでも嬉しい。小学生なんてガキンチョかもしれませんが、私は大恋愛をしました。彼以上の人を好きになることはこれから先ないです。

社会人一年生の片思い体験

私が大学を卒業して入社したのは、ある大手梱包企業でした。
当時の私は、入社して日も浅く、梱包という業種の為に海外との取引作業が必須でしたから、英語等の語学の学習は常におこない、その上、社長秘書での採用でしたから、先輩の秘書の方に日々教育されていた時期でもあって、帰宅すると、へとへと状態で、語学の学習だけで、精一杯という、気持ち的にも、いっぱいいっぱいの状況が続きました。
その頃です。
そんな私をいつも励まし、温かな笑みを見せてくれる、高校卒業で入社している、年下の男性と出会ったのです。
多分、一人生活をしている私と違い、実家からの通勤の彼は、私の疲労を癒すつもりで、自分の家に招待して、私に久々の家族愛を味わわせてくれるつもりだったのだと思いますが、当時の私は、3歳下の彼から、憧れて貰っているとの傲慢な考えを持っていたようで、彼の行為を全て、彼の私に対する恋心と判断してしまったのです。
それからの私は、仕事の合間の彼との会話を楽しみに、今まで辛いと思っていた勤務にも、一生懸命立ち向かいました。
何があっても、彼が支えてくれるという安心感も手伝ってくれていたのでしょう。
ところが、ある日、彼の母から言われたのです。
息子は高卒です。貴女より学歴が低い。息子は○○歳で、貴女よりも年下で、長男です。
長男という事は、いずれは我々と息子夫婦だけの生活になると思うのです。よって、息子には、年下で、貴女のように仕事に向かう女性よりも、息子を支えて自宅で待つ女性が嫁に適していると思うのです。と。
それでも、私は彼が親の反対を押し切ってくれるという期待を持っていました。
でも、親の言葉を聞いた翌日からの彼の態度は、私を避けるものでした。
不思議な位、私の中では、ショックという感情もさほどなく、自分が弱っている時には、誰かに甘えたいのだと自分自身を分析して、簡単に私の失恋体験は幕を閉じたのでした。

高校時代にすごく好きな人がいた

私は高校の頃、ふとした出来事で好きになった人がいました。しゃべったこともなかったのに、重いゴミを持つのを手伝ってくれたというあの日から好きでした。学校が総合学科だったため、移動教室だったのですが数学のとある授業で一緒になり、より恋心を抱きました。一番仲良い友達にだけ相談していて、告白するべきとずっと言われたのですが、意気地がなくてどうしても告白できませんでした。それどころかせっかく友達が企画してくれてみんなで一緒に遊んだ時も、こちらからまったく話しかけることができませんでした。
隣にいると緊張してしまって、いつもの自分が出せません。そんな前に進まない時期が半年くらい続いたのですが、友達が危惧していた通り、その間に彼には彼女ができてしまいました。年下の子だったのであとで調べてみたのですが、本当に相手は普通の子でした。彼と同じバトミントン部に所属していてそこで知り合ったらしいです。すごくショックで悲しかったことを今でも覚えています。もっと早く仲良くなって告白するべきだったと思いました。このような未来がわかっていたらもう少し勇気を持てたかもしれません。
相手の人に不満があったわけではありませんが、もしかしたらチャンスがあったのかもと思うたびに悔しくなります。結局その人は卒業までその子と付き合っていて私が入りこむ隙間はありませんでした。とっても苦い片思いの思い出です。今度好きな人ができたら絶対もっと積極的になろうと決意したきっかけでした。