甘酸っぱい恋の思い出ってこういう事?

私が初めて彼氏ができたのは、高校3年生の時と、とても遅かったです。
というのも、中学生の間は部活ばかりで、恋愛なんてする余裕がなかったし、高校生になると少女漫画みたいな恋愛に憧れていましたが、実際そんな恋愛が転がっているわけもなく、憧ればかりをもっていました。
少女漫画の恋なんて実際には無いんだ!と、やっと気づけたのが3年になったときでした。
そして、ちょうどそのタイミングで仲が良かった男友達に告白されて付き合い始めることになったのです。

いざ付き合い始めてみても、お互い初めての彼氏と彼女。付き合うってどういう事かよくわからず、どうしていいかわかりませんでした。
彼は熱心に色々誘ってくれましたが、映画デートに誘われても「めんどくさいなー」なんて思って適当に断ったり。
最後はあまり喋らなくなって、同じクラスなのに自然消滅に近い終わりを迎えました。

付き合っていた期間は半年もなく、これだけを話すと、たいした思い出もないかと思われそうですが、実はそうでもありませんでした。
当時のことを思い返すと、高校生ならではの青春の恋愛をしていたなーと思えるエピソードがあるのです。

それは、自転車通学だった彼と一緒に帰っていた思い出です。
私が通っていた学校までの道は、電車通学の人が使う坂道「通称、通学坂」と、ありえない急な坂道「通称、地獄坂」と、自転車通学の人が使う緩やかな坂道「通称、アベック坂」がありました。
お分かりの通り、一緒に帰るときは、自転車を二人乗りして、そのアベック坂を下っていったのです。
その坂道は桜の季節になると、道の両側に桜の花が満開になり、本当に気持ちがいい坂道なのです。

高校を卒業してからの恋愛はというと、車移動が主になり、彼氏と自転車を二人乗りすることなんて、まずありません。
だからこそ、この本当に些細な、「高校生の制服で、緩やかな坂道を、彼氏と自転車の二人乗りで下っていく。」という事が、青春の思い出になったのです。

ちなみに、彼は1年の時から片思いしてくれていたらしく、とても一途で誠実な人でした。優しくて頭も良かった。それでいて、顔もかっこ良かったのです。
今ならわかります。彼がすごくすごく良い男だという事が。
当時の思い出を懐かしむと同時に、当時の彼と別れてしまった自分に本気で文句を言いたい気分です。

私の学生時代(大学生)の恋愛

私(男)の大学生活での恋愛について語ります。私は学生時代に付き合った彼女の数は2人です。初めは恋愛経験がない男の僕は、恋活サイトを利用して女性と付き合ったことがあります。もう1人は社会人になった今でも続いています。学生時代は私は決してモテる方ではありませんでした。容姿や性格などこれといった特徴もありません。それを自分ではわかっていたので、あえて積極的に女性にアプローチを仕掛け、いろんな女性と関わるようにしていました。しかし上手くいかなかったことが多かったです。なぜだろうか、といろいろ考えたのですが、自分がどこかしら我慢してしまっていた部分が挙げられます。自分は車やバイクが好きでして、車やバイクに乗っている時がなによりも幸せでした。しかし、当時私が乗っていた車はとてもデートに行けるようなきれいな車ではなく、いわゆる廃車寸前のくるまでした。バイクは1人しか乗れない仕様になっていたため、バイクでデートすることは物理的に不可能でした。そしていざ、ずっと憧れていた車をローンを組んで買いました。ちゃんとデートに行けるような車です。これさえあればと思いさらに積極的に女性にアプローチをしました。大学生で車を持っている人は少なく、デートに誘いやすくなりました。しかも自分が好きな車を乗りつつデートができるため、自分も我慢することなくデートを楽しむことができました。確かに安い買い物ではなかったです。しかし、自分も楽しめ、女性をデートに誘いやすくなり彼女もできたことを考えるといい買い物をしたかなと思います。ただ、車を持ってデートに誘えば良いというわけではありません。私は徹底的に聞き役に回るように心がけました。車の中では2人きりということもあり、私にとっては話をしやすい環境でしたのでじっくり女性の話を聞くことができました。女性は自分のことや自分の周りで起こった事を話したがる方が多いので、聞き役に回るというのは非常に効果的だったかと思います。私は今でも彼女とのドライブデートが好きです。やはり2人だけの空間ということもあり、カフェなどでは話にくいことでも話せたりします。町並みや景色を見ながら思い出を語ったりしています。今でもですが、やはり恋愛は自分も相手も2人でいることに心地よさを感じなければならないと思います。お互い我慢せず気の置けない関係作りをすることが大事だと思います。

初めての彼氏…彼は先生

中学を卒業し、高校に入学する前の春休み。私は手術を受ける為、入院しました。
つまんない入院生活、痛いリハビリ…そんな病棟での楽しみはお気に入りの先生を観察すること。
自分の主治医、リハビリの先生、リハビリに付随してお世話になった医師の3人がお気に入りでした。
3人とも全然雰囲気の違う先生でした。
恋心を抱きましたが、恋愛経験が浅かったので言い寄ったり連絡先聞いたり…なんてことは出来ず、
退院し、通院するようになりました。
通院した際、1人の先生に会いに行きました。
忙しさも一段落した頃だったので、少しお話できました。
会話の途中、先生から「アドレス持ってる?」と聞かれ、交換しました。
帰って、先生にメールして、それからメールするようになり、ある日、出掛ける場所が同じだったことが
ありました。もしかしたら会うかもねーなんて話をしてたら本当に会い、じゃあ後で待ち合わせしようと
いう事になりました。プライベートで私服の先生に会う日が来るなんて思ってもいなくて、とてもドキドキ
しました。カフェに入り、お話ししましたが先生はあまり目を合わせてくれず…どうしたのかなと気になり
ました。帰り際、駐輪場まで送ってくれるとのことで一緒に歩いていて、途中誰もいない場所に行きました。
そこで先生は私をそっと抱きしめて「好きになってもいい?」と聞いてきました。
私は男の人に抱きしめられたことが無かった為、緊張で言葉が出ず、頷きました。
そして初めてのキス。

その後お付き合いしましたが、私が精神を病んでしまい別れました。

一回りも年上…
医師と高校生…
医師と患者…

禁断と言ったらそうかもしれませんが、私は年齢も身分も何も関係なく先生が好きでした。
今でも精神を病まなかったら…と思うことは多々あります。
またお付き合い出来たら…と思うこともあります。
でもきっと先生には奥様もお子さんもいるでしょうから、先生のご活躍やご多幸を陰ながら祈っています。

初恋の彼と10年越しで付き合いました

小学校1年生のころ、好きな人がいました。
子供ながらに本気で好きだったんですけど、その頃の私は地味なタイプ。
好きになった彼はクラスのリーダー的な存在。
とても告白とか出来ません。
ただ見ているだけでした。
でも、私はなぜか運がいいらしく?席替えとかではほとんど隣になっていました。
くじ引きの席替えですよ!?
子供だったので、勝手に運命だ~なんて思ったりしてましたね。
そのまま6年間すぎてしまい、卒業。
そうそう好きな人が出来ない私は、まだ彼の事を思っていました。
中学校は地元の学校だったので、彼も一緒でした。
私は地味な卓球部にはいり、ますます距離ができたような気がしてました。
彼はバスケ部だったんですけど、すぐにレギュラー入りしてみんなからキャーキャーい言われていました。
そのころにはイケイケのギャルグループと彼はいつも仲良くしていたので、私は話すらする事は無くなってました。
本当に遠くから見てるだけです。
ストーカーみたいですね。(笑)
本当は卒業式の時に第二ボタンをもらいに行きたかったんですけど、私が見たときにはボタンが全て無くなってました。
そのまま卒業。
中学の時はほとんど彼と接点を持てませんでしたね。
それでも好きでした。
高校にはいり、私は地元のお嬢様学校に入りました。
彼は希望の高校にははいれず、少しランクを落とした高校だったんですが、たまたまバス停が一緒だったんです。
これはチャンスと話しかけました。
実は私は高校デビューしたんです。
昔の地味なタイプの女の子ではなかったので、グイグイ話しかけました。(笑)
そこから仲良くなり、やっと告白。
なんとOKをもらい、付き合うことになりました。
10年間思い続けた彼とようやく恋人同士になれたんです。
毎日幸せでした。
でも、実際付き合うと彼の嫌なとこも見てしまいます。
片思いの時は気付かなかったとこがたくさんありました。
一番はスゴいヤキモチヤキだったことです。
毎日連絡をしないとダメな人で、友達と遊びに行くのもダメでした。
ずっと好きだったのに、あれ?という感じです。
結局すぐに別れてしまいました。
でも、思い続けると叶うというのは分かりましたよ。