本当にあった特殊な遠距離恋愛

私が夫と知り合ったのは学生時代。
大学卒業まではごく普通の恋人同士のお付き合いでした。

卒業後私は就職のため実家のある長野県に戻りました。
彼も仕事のため実家のある宮城県へ。
彼の仕事ははとある伝統工芸家の弟子でした。
これはもう普通のサラリーマンとは全く違う仕事です。
師匠の家の近くに下宿し、毎日工房に通い
師匠の仕事を手伝いながら技を覚えていくのです。
休みはすべて師匠のスケジュール次第。
彼が弟子入りした工房の場合は定休日はなく
「じゃあ明日は休んで」と言われた日が休みなのです。
これでは私も彼と休みを合わせるなんて全くできませんでした。

時は1990年代半ば。
まだ携帯電話もインターネットも
ごく一部の人しか使っていませんでした。
二人の連絡手段はもっぱら手紙と電話。
私は毎週のように手紙を出していましたが
彼の方は早朝出勤・深夜帰宅の毎日なので
返事を書いている時間もない感じでした。
私の方も次第に手紙を出す頻度も減り
仕事が忙しくなったこともあって
一か月に一回出すくらいになっていました。
彼の下宿に電話はなかったので
こちらからかけるのは無理。
だいたい月に一度彼が公衆電話からかけてくる時だけが
二人がまだつながっていると確認できる瞬間でした。

就職一年目の夏休みに奇跡的に二人の休みが合い
一度だけ会うことができました。
その後はなかなか会う機会を作ることができず
結局4年近く手紙と電話だけの遠距離恋愛が続きました。

遠距離恋愛は乗り越えるのが大変とか続かないとか言われますが
全然そんなことないと思います。
もちろん会いたい時に会えませんから
泣きたい気持ちになることもありますが
大事なのは心の底でそれでも相手とつながっていたいと思うかどうか
その一点だけです。
私も彼もその部分が揺らぐことがなかったのが
遠距離恋愛を乗り越えられた理由だと思います。
私にとって彼は友人かつパートナーとして
唯一無二の存在だと思っていたからこそ
距離は関係なかったのです。

私の幼馴染との初恋話

私の初恋は小学校6年生の頃でした。
相手は小学校からの幼馴染で家もお互い近くに住んでいたのもあり、学校までの登下校もほぼ一緒に行っていました。
クラスも数回同じだったし、委員会も同じだったことがあります。
彼はすごく明るい性格をしていて、友達も多く、クラスの中心的な人物でした。
女の子にはもちろん、男の子にも人気がありました。
私はというと、仲のいい友達と言えば彼ぐらいで、今思うと相当根暗でした。
そんな彼とは5年生までは普通に友達の関係といて過ごしていましたが、6年生になった時に周りに彼女、彼氏が出来たという話を聞くようになりました。
6年生の時、彼とは同じクラスだったのですが、顔も結構かっこいいのですごく女の子からモテるんです。
その頃から彼を意識し始めたんです。
気づいたら「彼女いるのかな。」とか「好きな人はいるのかな。」とかのことばかり考えていました。
今まで幼馴染としてしかあれを認識していませんでしたので、この感情になんだかかむず痒さを感じていました。
結局、そのまま小学校を卒業して同じ中学校だったのですが、そのころになると登下校は一緒にしなくなりました。
彼に彼女が出来たのもあって私は一度も告白することが出来ずに中学校を卒業しました。
高校は別の学校だったので,たまに連絡をするぐらいしか接点がありませんでした。
高校で私はあまりなじめず、学校もあまり行かなくなり家に引きこもっていました。
ある日、高校1年の夏ごろだったでしょうか。
学校に行かずに家でネットをして遊んでいました。
すると携帯にメールが来ました。
メールの主は彼からでした。
大事な話があるということなので学校があるはずなのに家の近くの公園に呼ばれました。
公園に着いて言われた最初の言葉は「好きです。付き合ってください。」でした。
小学校の時から私を好きでいたらしく、彼女は何人か出来たけど、やっぱり私のことが好きということでした。
私は引きこもっていることを伝えると「知ってる。だけどそんなこと気にしない。」と言ってくれました。
両想いだったことに驚きと嬉しさがこみ上げ、私は2つ返事で彼と付き合うことになりました。
今でも彼と幸せな時間を過ごしています。

ブラスバンド部と恋愛の良き思い出

久しぶりに映画「スゥイングガールズ」を観て、中学生の頃を思い出しました。
中学生の頃の私は、見た目からしてマンガに登場するようなガリ勉キャラだったのですが、恋をしてからはとても変わりました。
中学生の頃の部活はブラスバンド部でした。
その理由もなんとなく高校に進学する時の内申で心象が良いのではないかと思って選んだだけでした。見た目だけでなく、中身まで完全にガリ勉だったと思います。
ブラスバンド部ではトランペットを担当して、毎日頑張って練習する日々でした。
にもかかわらず、うちのブラスバンド部は県内でも有数の下手な学校として有名でした。
どれだけ下手だったかというと、演奏会でもらった録音テープで自分たちの演奏を聴いた時に、もはや何の曲だか分からないほどの下手くそさでした。
それでも部活動は全員女子ということもあり、休日の練習の時は、休憩時間にお菓子を食べたりして楽しかったです。
そんな日々を過ごしていた時に突然、ブラスバンド部に男子が入ってくるという噂を聞きました。
こんなところに入りたいと思うなんて、きっと相当な変わり者だろうと思っていたら、私の隣の席に座っていた男子(A君)でした。
席替えはいつもくじ引きだったにもかかわらず、なぜかA君は3回連続くらいで私の隣の席になっていたので、離れられない運命なのだろうと思っていたのですが、これには驚きました。
さらにA君は小さい頃からトランペットを習っているとのことだったので、私と同じ楽器を担当することになりました。
A君はお世辞にも社交的な性格とはいえない人だったので、お互いに無言で練習する日々が一ヶ月くらい続きました。
でも、なんとなく次第に一言二言としゃべるようになっていき、そのうちに進路の話などもするようになり、どんどん仲良くなっていきました。
そうしているうちにお互いを名前で呼び合う関係になっていって、手をつないで一緒に帰るようになりました。
中学生だったので、こんな可愛らしい恋愛でしたが今でも良い思い出です。